10,800円(税込)以上お買い上げで送料無料 全国一律600円(北海道、沖縄、離島は1,000円)

 

その他

和傘の選び方 /和傘・野点傘専門店 恭雅

和傘・野点傘専門店 恭雅へようこそ!店長の嶋です。
当店では、中国傘職人製造の和傘・野点傘を販売しております。

インテリアに、舞踊用に、雨傘に、はたまたコスプレ用にetc... 一味ちがった風情を味わえる和傘ですが、どんな時?どんなことに?どのようなヒトが?などなど、知らない方も多いかと思います。
この記事で、少しでもお客様がご希望の和傘を選べるようにお力添えできれば幸いです。

和傘について』でも紹介しておりますのでご参考にして下さい。


当店では主に以下の和傘を扱っております。
①紙傘(かみがさ)
②絹傘(きぬがさ)
③番傘(ばんがさ)

④蛇の目傘(じゃのめがさ)
⑤野点傘(のだてかさ)

簡単に分けますと、
③番傘④蛇の目傘は雨傘
①紙傘②絹傘⑤野点傘はそれ以外です。

大雑把過ぎました!!?
では、もう少し説明させていただきます。

③番傘④蛇の目傘は舞踊用として用いられる方もおられますが、主に雨傘として用いられます。雨天使用可能(油引きあり)と記載されている傘は雨傘としてご使用いただけます。
また、特注品として舞台等に用いられる蛇の目傘もございます。それらの商品は油引きしておらず、雨天でのご使用はできません。

では、『③番傘と④蛇の目傘の違いは何!?』とお思いになられた方もいると思いますが、簡単に説明しますと、違いは重さと愛用される方の性別です。

番傘はがっしりと重みを感じるため、男性の方に多く愛用されております。
蛇の目傘は比較的軽量なことから、女性の方に多く愛用されております。

ただし、他にも傘の色などの要素がありますし、
一概に男性は番傘、女性は蛇の目傘とは言えません。
例えば、神社等では巫女の方が番傘をご使用になられる場合もあれば、よさこい踊りで激しく大きな動きで用いるのに蛇の目傘を男性がご使用になる場合もございます。
また、結婚式では相合傘をされる場合には、蛇の目傘が主に使用されます。
ご参考程度にお願いします。

雨傘についての説明はここまでにして、次は①紙傘②絹傘について説明をしたいと思います(*^-^)

一概に弊社では紙傘、絹傘と区分しておりますが、
これは種類というよりは商品の作り方(傘布が紙か絹か)の違いによる分け方となります。

基本的には、舞踊やインテリア等に用いられる軽めの傘という認識かと思います。
①紙傘、②絹傘の用途として、舞踊のお稽古事、日傘、屋内・店内インテリア、写真撮影用小道具などにご使用いただけます。

比較的紙傘は安価で、お求めやすく、絹傘は透過性があるので、写真撮影などで背景と一緒に撮影したい場合等にも用いられます。

⑤野点傘は野点(屋外でのお茶会)等に用いる大きな和傘のことです。

ということで『和傘の選び方』入門でした(笑)
最後までご覧くださり、ありがとうございました。


連絡先

TEL: 0848-29-8500
受付時間 10:00~18:00
(土日祝休み)


FAX: 0848-29-8145
FAX注文用紙はこちら新規タブで開く

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

店長日記

店長の嶋です。

ご来店いただき、ありがとうございます。

当店では、紙絹傘、番傘、蛇の目傘、野点傘等の和傘を各種取り揃えております。よりよい商品をお求めやすい価格でご提供していきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

QR

ページトップへ